マメとニンジン

ロードバイクと僕

獲得標高5000m!?僕たちの八葛チャレンジ!!前編

皆さんこんにちは。

突然ですが…

七葛

という言葉をご存知でしょうか?

大阪と和歌山の間にある"和泉葛城山"の山頂へと続く全7ルートを、一日で登り切るこのチャレンジ。


僕は去年この"七葛"にチャレンジし……

瀕死でクリア。


七葛チャレンジ!!!!~限界の先へ~前編 - マメとニンジン



ズタボロになりながらも葛城山の魅力にドップリとハマった僕は

「来年も絶対やろう!!!!」


と、決意したのです。


あっという間に、その来年がやって来たので、

行ってきました!!
記します!!!!


経緯

本当に瀕死でクリアした前回の七葛ですが…
去年と同じ事をするのは面白くない!!
一年経ったら少しは強くなっているハズ!!
また限界を超えたい!!!!

そんな思いから、次は一本増やした、


八葛をしよう!!
◯ぬ気か?


そう思っていました。


そんな僕と同じことを考えていた人が居たのです。
では、今回共にチャレンジするマイフレンドを紹介しましょう。
暗峠を共に討伐した………




赤鬼ちゃんです!!!!

↓ご夫婦のYouTubeチャンネル↓

↑チャンネル登録よろしく!!↑

暗峠討伐の記事↓
僕達vs暗峠!!!!峠界のラスボスへ…リベンジクライム!!!! - マメとニンジン




前回封鎖中だった"牛滝ルート"が4月に開通すると言うことだったので「開通してからちゃんとした七葛+1本で八葛しよう!!」と決定したのですが…


迎えた4月……


工事延期!!


開通予定が7月末に伸びました!!
「仕方ねぇ!!!!開通を待って8月に灼熱の八葛(地獄)やるか!!!!」
と決定!!!!


迎えた8月……


工事延期!!!


まさかの、来年の4月以降に延期!!!!
流石にそんなには待てない!!!!
てか、この感じで行くと来年の4月も怪しいぞ!!!!



もう、行こ!!!!




こうして、

6ルート+2ルートの

八葛に決定したのでした。

いざ、葛城山

am3:30
僕は目を覚まし、リビングへ向かいます。
机の上には大量のおにぎりが用意されていました。

「早朝のコンビニはあんまりおにぎり置いてないから、作っといたるわ!!!!」
と、夜中に起きて作ってくれたのです。

ホンマありがとう嫁。

去年の失敗はズバリ補給食不足。
今思い返すと、シンプルにハンガーノックだったんです。

なので!!!!
大量に用意した補給達を、クーラーボックス詰め込みます。

はいドン!!


・おにぎり10個
・ジェル系の補給10個
・バー系の補給5本
・バナナ3本
・草餅2個
・はちみつレモン(嫁作)
・冷凍した水1本(2㍑)
・水1本(2㍑)

この量を見れば、察して貰えると思うのですが……

めっちゃビビってます


全ての準備を済ませ、家の外で待つこと数分…



来た!!赤鬼ちゃんだ!!


今回は赤鬼ちゃんの車に乗せて貰い、葛城山まで連れてって貰うのです!!本当にありがとう!!!!


am 4:00 自宅を出発。

コンビニで朝ごはんを買い、高速道路へライドオン!
車内で色んな話をしながら、朝ごはんを食べながら、葛城山を目指します。


高速道路を降りると、車で"神通ルート"を登って行きます。

窓の外を眺めていると「今日ここ自転車で上っていくんかぁ…長いなぁ…」と、センチメンタルな気持ちになりました。


am 5:30 今回の八葛スタート地点に到着。

ハイランドパーク粉河です。

ここの駐車場に車を停めさせて頂きます。
※直接電話して許可貰いました!

YouTubeの撮影を始める赤鬼ちゃん。

僕もひょっこり出演させて頂きました。


では、スタートする前にざっくり作戦を説明しましょう。
この順番で登って行きます。


①蕎原(そぶら)ルート 8.3km 630m 7.5% 20%強 S

②中尾(なかお)ルート 9km 724m 8.2% 25%強 S

③犬鳴(いぬなき)ルート 11.1km 712m 6.3% 15.7% A

④塔原(とのはら)ルート 6.6km 584m 8.6% 約15% B

粉河(こかわ)ルート 11.5km 752m 6.2% 15% A

⑥神通(じんつう)ルート 10.3km 643m 5.9% 15% A
(左から順番に、距離、獲得標高、平均勾配、最大勾配、難易度、を表しています。距離・獲得標高は関西ヒルクライムコースガイドという本。平均勾配・最大勾配・峠ランクは関西ヒルクライムTTを参考にしました。)



残り二本は……



ルーレットで決めます。


六本登った段階で…

獲得標高4045m。

その時、きっとルーレットを回す気にはなれないでしょう。

しかし!!!!
行きの車内で赤鬼ちゃんにルーレットを公開した所、やる気満々だったので、

もうルーレットは不可避!!!!!!




オワタ!!

一葛目!蕎原ルート!

ハイランドパークの位置的に、次の補給は二本目の中尾が終わってからになるので、おにぎりをポッケに詰めて行きます。


てか
寒っ!!!!

想定外の寒さにサブイボMAXですが、頑張っていきましょう!!


am 5:41
蕎原ルートのスタート地点へ下って行きます。


下る前にパシャり。

下って行くと、だんだん暖かくなってくるのがハッキリと解りました。
お風呂の追い焚きぐらいハッキリと感じました。
サブイボも帰って行きました。


約15分後…スタート地点に到着。


蕎原を下ってきた感想ですが…





キッツ!!

勾配もそうですが、路面が悪くて、シンドい下りです。


では、参りましょう。
am 6:02
一葛目!!蕎原ルートスタート!!!!

・距離 8.3km
・獲得標高 630m
・平均勾配 7.5%
・最大勾配 20%強
・峠ランクS
和泉葛城山・蕎原ルート - A bike ride in 貝塚市, 大阪府
和泉葛城山(蕎原): 関西ヒルクライムTT 峠資料室

最初は勾配も緩く、鬱蒼とした森の中を走って行きます。
勾配は緩いのですが、早々に"アイツら"が僕たちを苦しめます……


コバエです。


コバエが顔に纏わり付いてきます。
顔に集まるコバエにストレスを抱きつつ、赤鬼ちゃんと話ながら登っていると…激坂ゾーンへ突入!!!!

ここから、ハイランドパークまでの約3km。

平均勾配13%

しかし!!
なんたって僕たちの脚はまだ新品!!!!
サラ脚なのです!!!!

グングン登って行きます。

そして、激坂区間が終了!!!!

ハイランドパークを通過し山頂へ!!!!

ハイランドパークから山頂までは約3kmあり、途中二回ほどキツ目の坂が登場するので、地味ですが確実にダメージを与えて来ます。


右側に絶景が見えたら、ゴールはもうすぐ!!!!


am 6:58

一本目、蕎原ルートゴール!!


頂上には記帳表が設置されていて、名前・クラブ名・コース・到着時刻・感想を記帳することが出来ます。

僕らのクラブ名(チーム名)がまだ決まってない!!!!
チーム名を考えないとイケません!!


赤鬼とマメ………もうこれしかない!



発表しましょう!!!!


チーム名は!!!!








チーム節分


"チーム節分"は中尾のスタート地点へ下ります。

二葛目!!中尾ルート!!

チーム節分はお喋りを楽しみながら、中尾ルートをゆっくり下って行きます。

カラスに「おはよう!!」と挨拶してたら、ゴミ袋荒らされへんらしいで!!
という話題から始まり……

「結局、熊が最恐よな」

と話が着地した所で、スタート地点に到着!


am 7:28
二葛目!!中尾ルートスタート!!!!

・距離 9km
・獲得標高 724m
・平均勾配 8.2%
・最大勾配 25%強
・峠ランク S
和泉葛城山・中尾ルート - A bike ride in 紀の川市, 和歌山県
和泉葛城山(中尾): 関西ヒルクライムTT 峠資料室

和泉葛城山の激坂ナンバー1の中尾です。

「八葛しよう!!!!」という話になった時、赤鬼ちゃんに「どこのルートが一番好きなん?」と聞いてみた所、食いぎみで


「中尾!!!!」


と答えていた、あの中尾です。


激坂ですが、登って行くうちに景色がコロコロと変わっていくのでなかなか面白いルートです。

赤鬼ちゃんは

「いや~"全峠"で中尾がホンマ一番好きかもしれんわぁ」

と、凄く興奮しています。


実は僕も結構好きな中尾です。

みてくださいこの景色を!!!!

体感的には先程の蕎原を越える激坂ですが、まだまだ二本目!!!!
グングン登って行きます!!!!


後半は森ゾーン。


「ゴールまでもう少し!!」

という所で、上から二人組のサイクリストさんが下って来られ、


合流!!


説明しましょう。
このお二方は、赤鬼ちゃんの知り合いの方で「途中何本か一緒に登りましょう!!」という話になっていたのです。

坂を登りながら、初めましての挨拶を交わし、4人体制となった"チーム節分"は頂上を目指します。


am 8:28

中尾ルートゴール!!!!

ご紹介しましょう!!
"Sawaっちさん"&"岡崎さん"です!!

お二人は富田林にある"AXIS"という自転車屋さんのチームに所属されているとの事で…

見たらわかる。
速い人やん。

って感じですが、話すとめっちゃポップで優しい人達だったので、僕は安堵しました。

AXISさんのHP↓
大阪府富田林市のロードバイク専門店 BICYCLE SHOP AXIS


頂上で話していると、突然!!!!

「そのライトはいくらぐらいするんですか?!」

という、"ハイカーさん"のキラーパスを受けた岡崎さん。

チーム節分は恐らく全員、

「自転車じゃなくて、ライトの金額?!」

と、思っていましたが、紳士な岡崎さんは、

「このライト?!数千円ですよ!!」

と答えていました。

葛城山はとっても楽しいです。

四人になったチーム節分は、犬鳴ルートへ向かいます。

三葛城目!!!犬鳴ルート!!!

犬鳴ルートへ行く途中、ハイランドパークを通るので補給します。
おにぎり2つと、草餅をポッケに詰め込みいざ、犬鳴ルートへ!!


下っている途中、一人のサイクリストとすれ違ったのですが…


途轍もない量のコバエが
顔に纏わり付いていました。

それはもう「フルフェイス被ってるん?」ってぐらいの量で、「今からアレなるんか…」と覚悟しましたが、こちとら四人体制!!

コバエは4等分されるので、流石にフルフェイスにはならないハズだ!!!!


長~~~~い下りを経て、犬鳴ルートのスタート地点へ到着。


am 9:12
三葛目!!犬鳴ルートスタート!!!!

・距離 11.1km
・獲得標高 712m
・平均勾配 6.3%
・最大勾配15.7%
・峠ランク A
和泉葛城山・犬鳴ルート - A bike ride in 泉佐野市, 近畿地方
和泉葛城山(犬鳴): 関西ヒルクライムTT 峠資料室

この犬鳴ルートは、倒木のトンネル、日当たりの良い崖沿いの道、怖いトンネル、鬱蒼とした森など、アドベンチャー感溢れるルートで僕はめっちゃ好きなんです。

お話しながら登って行きます。

ちょ…っと…だけペースが速いですが、お二人はいわゆる"ガチ勢"。

めちゃめちゃ緩めて登ってくれている優しさを感じるので、そのままついて行きます。

一番後ろを走っていると…?!


僕は衝撃の事実に気が付きました。


Sawaっちさん
アウターで登ったはる


「サワっちさんアウターですやん!」

と僕が言うと、


「筋トレです!筋トレ!」


と、笑顔で答えてくれました。
※因みに、フロント50でリアは25t……ひたすらシッティング…


僕は狼の群れに混じった
子羊の気分です。


ちょっとペースが速いといっても、千切れる程の速度ではないので、何とか子羊はついて行きます。

そして、あっという間に……

am 10:15

犬鳴ルートゴール

次は塔原ルート。

四葛目!!!!塔原ルート!!!!

山頂で少し談笑。


ガチの人らって聞いてたんで、引きずり回されるんちゃうか思って緊張してたんすよ~!!」


と、打ち明けると、


「いや、そんなん全然!!全然!!!!」


と、笑顔のお二人。


めっちゃ心強いですわ兄貴!!


塔原ルートを下ります。

am 10:43
スタート地点へ到着。

これが、終われば半分終了!!!!

四葛目!!塔原ルートスタート!!!!
・距離 6.6km
・獲得標高 584m
・平均勾配 8.6%
・最大勾配 約15%
・峠ランク B
和泉葛城山・塔原ルート - A bike ride in 岸和田市, 大阪府
和泉葛城山(塔原): 関西ヒルクライムTT 峠資料室

頂上の記帳表で圧倒的に多いのがこの塔原ルート。
九十九折が続く、「林道ヒルクライム」という雰囲気の塔原ルートです。

別名「無限の森」です。
僕はそう呼びます

前回七葛した時。
ここを二本登ったのですが、中盤の景色がほとんど変わらなくて「アレ?!さっきここ通ったよな?!」と発狂寸前に追い込まれた思い出があるのです。

四人で会話しながら登って行きますが……


あれ、今これ引きずり回されてない?


そう。
完全にオーバーペースなのです。
他の3人は前で楽しくお喋りしながら登っているので、そんなつもりは無いのでしょう。


しかし、こちとら子羊。


なんとか、離れないように無言でついて行きますが、、、問題が発生!!!


腰がキテる。


先日チャレンジしたビワイチの時もそうでしたが…
ここ最近、腰の調子がすこぶるBADだったのです。
参照↓
大阪発!!自走でビワイチGO!GO!!GO!!!~そしてボロ雑巾と化す~前編 - マメとニンジン

まだ残り4葛あるんだ…
このまま千切れてしまった方がいいか?!
いや、頑張って着いていこう!!!!


そんな葛藤を繰り返していると、別の問題が発生。


お腹が減った。


なるべく早く補給しないと、今後に響いてくる可能性がある!!
そうだ!!ポッケにおにぎりと草餅があった!!
早く食べよう!!!!

ポッケから草餅を取り出し、袋を破ると、口の中へ押し込みます!!!!
この間に少し離れてしまった!!

なんとか…追い付…かな…い…















アカン!!
息でけへん!!
◯ぬ!!!!


なんという事でしょう。
背中で温められた草餅は、粘度を増していて、僕の口の中はもうヌチャヌチャ。

鼻呼吸しか出来ない事態に追い込まれる僕。
集団の最後尾。
人知れず"フンガフンガ"しながら、なんとか食らい付きますが、どんどん小さくなっていくみんなの背中…













am 11:17

そして、僕は独りになった。


凄い哀愁を感じますが、そのまま行ってくれて良かった…。
先はまだ長いんさ…自分のペースで黙々と登ろう!!!



ゆっくり走っていると腰も落ち着きを取り戻して行きました。


その後二回ぐらい「アレ?!ここさっき通ったよな?!」となりつつも…

am 11:33

塔原ルートゴール!!

皆より約5分遅れてのゴールでしたが、皆笑顔で待っててくれてめちゃ嬉しかったです。

"Sawaっちさん"と"岡崎さん"はここでお別れ…

いや、ホントにありがとうございました!!!!


ここからは再び二人体制!!
体力的にはまだまだ余裕がありますが、急にダメージが来ることは知っているのです!!!!油断は禁物!!!


すっかり忘れていましたが……
次の"粉河"と"神通"の2本が終わると…





ルーレットが待っています。




僕たちは無事、八葛を達成出きるのか?!

次回へ続く…

↓ポチっと押して貰えると喜びます↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村