マメとニンジン

ロードバイクと僕

AM山ラリー!鉢伏峠へヒルクライム!!!!

山を登らねば強くなれねぇ!!

と記した先日の記事↓

その翌週も山へ出掛けたのでした。

継続する事がホントに大切だと思うのです。

記します。
f:id:peasandcarrots:20210602075120j:plain:w400

本日のライド

AM5:00起床。
前日に嫁が買ってきてくれたパン3つを眺め、自分の身体と対話した結果、

今全部はキツい
という意見で合致。


ひとつ食べて、ふたつポッケに入れて持っていくことにしました。



AM5:30家を出ます。
今日は久しぶりのマイフレンド

たかお君と共に駆けます。
GIANT TCR ADVANCED2 カテゴリーの記事一覧 - マメとニンジン


待ち合わせ場所でLINEを開くと、
「おはようございます!でます!」
と連絡が来ていました。
そして、数分後…
「すいません!あと2分したらでます!」
との連絡が。


きっと家を出るギリギリで何かを思い出したのでしょう。

めちゃめちゃシンパシーを感じました。



無事合流し、十三峠へ向かいます。

十三峠を登る。

とりあえず、愛すべき十三峠を登り奈良方面へ行きます。

たかお君と登る際、いつもはお喋りしながらダラダラと行くのですが、それじゃああ強くはなれねぇ!!!!




「今日ちょっと上げ目で走ろうと思うねんけど!」

と伝えたところ

「わかりました。僕が消えても気にせずほっといて下さい!!」

と答えた数秒後、僕の前へ出てフルパワーで登っていくたかお君。







消えるって、そっち?!


どうやら、消えるのは僕だった様です。

しかし!!!!




僕も男なのだ。
千切れるのは情けねぇ!!!!
着いていくぜ!!!!


暫く着いていくと、落ち着きを見せた、たかお君。
千切るのは諦めたか?!タレたか?!
f:id:peasandcarrots:20210602161258j:plain:w400



その後、ペースは落ちたものの、確実に上げ目で登りゴール!!!!!!!!



登頂後

「久しぶりに心拍190いきましたわ。」

と彼は言っていました。



いや~いい汗かきました……
f:id:peasandcarrots:20210602124229j:plain:w400



休憩もそこそこに奈良側へ下り、フラワーロードへ。
f:id:peasandcarrots:20210602161412j:plain:w400

この橋が気持ちいい。
f:id:peasandcarrots:20210602161455j:plain:w400

308号線

フラワーロードを下り、168号線を左折!!!!
そして、すぐに右折!!!!
萩の台方面へ!!!!

暫く住宅地を進み、右折!!!!

この道は308号線といい、暗峠の続きの道なのです。

暗峠の続きというだけあって、まぁ~スパイシーな斜度が待ち構えているんです……



激坂ゾーンに入る手前に足湯があるのですが、いつか入ってみたいと思っております。
後半で登場します↓


ここの振り返った時の景色がめちゃ好きです。
f:id:peasandcarrots:20210603002855j:plain:w400

少し登ると森になり、激坂ゾーンに突入。

ロードバイクを始めて一年未満の頃、この道に挑戦したのですが、後輪がスリップし引き返したほろ苦い思い出があります。


いざ、リベンジ。

この坂の嫌な所は、激坂ゾーンの手前に湧水が道路に溢れていて、タイヤが濡れてしまい、スリップがしやすくなってしまう所です。



坂側の巧妙な手口です。


滑らないかヒヤヒヤしましたが、距離的には短い為、すぐにピークへ到着!


森を下ります。朝日が眩しいぜ。
f:id:peasandcarrots:20210603075503j:plain:w400


森を下っていると警察犬訓練所横を通過。

そして、分岐点を左へ曲がった直後、後ろからたかお氏が何かを叫んでいるので停車。
f:id:peasandcarrots:20210603122116j:plain:w400


結構前からチェーンが落ちていたらしいです。


マジ?

なるべく素手でチェーンを触りたく無いので、手頃な枝等を探しましたが、

「もう手で行きますわ。あ~。あ~あ。もうあ~。」

素手でチェーンを直すたかお君。


指先は真っ黒に。


しかし、ちょうど良いところに水溜まりがあったのでそこで手を洗うと、あら不思議!!

なんと手がピカピカに!!!!


ジャングルを進みます。
f:id:peasandcarrots:20210603122610j:plain:w400


ジャングルを抜けると、ここはもしや!!!!
f:id:peasandcarrots:20210603123240j:plain:w400



数日前にYouTubeで観た、夜景の観れるキャンプ場

OIWAKE PARKやんか!!!!


このYouTuberゴトクトペグトタープさん。


トモダチなのです。


僕がラレーを譲った幼馴染みのニンジン。
そのニンジンのトモダチなのですが、ニンジンの結婚式で一緒にバンド演奏した際、僕もトモダチになったというストーリーです。

↓ニンジンの記事↓

こんなお粗末なブログで紹介するには、申し訳ない程の

「お洒落でハイクオリティに仕上がった動画達」

動画を視聴したアナタはきっと
「キャンプええやん?」
と、呟く事でしょう。
是非漏れ無くご覧下さい。



話をチャリに戻します。

奈良市街地

308号線のプチ峠?を越えると、開けた大地へ降り立ちました。
f:id:peasandcarrots:20210604075628j:plain:w400
そして、再び何かを叫ぶたかお君。


チェーン落ちです。

停車しチェーンを直す彼の指先に、もう迷いはありませんでした。
f:id:peasandcarrots:20210604100954j:plain:w400


しかし、チェーン落ちすぎなので、少し場所を移動して見てみることに…
f:id:peasandcarrots:20210604101248j:plain:w400



ん~


もうハチャメチャやん。


フロントディレイラーのセッティングがハチャメチャです。


ちょいちょい自分で適当にイジってたらしく、それが原因の様です。

もう、ワイヤーを外して一からセッティングした方がいい感じだったのですが、最悪この場所でどうにもならなくなってしまった場合カオス過ぎるので、チョイとイジくり、先へ進む事に。

奈良の平地を進んで行きます。
f:id:peasandcarrots:20210604123155j:plain:w400

踏み切りを待っている途中、

「めっちゃお腹減りましたわぁ…」
と言うたかお君。


そんなたかお君へ、持ってきたパンの1つ

ウィンナーパン

をあげると、子供の様に喜んでいました。

汗だくの僕の背中で温められ、なんやったら袋がちょっと曇ってるぐらいのパンでしたが、すんごい喜んでいました。


そして、信号待ちの僅かな隙間でガッツくたかお君。


僕は嬉しかったよ。



そして、僕らは奈良の山へ行きます。

鉢伏峠

時に行くべき方向を見失いながら、やっと到着しました。
本日の目的地。

鉢伏峠です。

f:id:peasandcarrots:20210604124418j:plain:w400

HOW TO 鉢伏峠
みんな大好き奈良公園のすぐ南側にある峠。

この峠は2ルートある様なので説明しましょう。

・国道80号線を登ってく新道ルート
距離 6.2km
獲得標高 329m
平均勾配 5%
最大勾配 20%
ツアーオブジャパンのパレード区間との事です。
↓下記参照↓
鉢伏峠(奈良県):自転車のヒルクライム情報とルート | RoadQuest(ロードクエスト)




・80号線の南側の旧道ルート
距離 5km
獲得標高 336m
平均勾配 6%
最大勾配 22%

きつい勾配と、激坂のある中級者向けの峠との事です。

↓下記参照↓
鉢伏峠(奈良県):自転車のヒルクライム情報とルート | RoadQuest(ロードクエスト)





旧道を登ります。
旧道一択です。


そして、てっぺんまで行って新道を下って帰る事にしました。


最初は住宅の間を登ります。
f:id:peasandcarrots:20210605013319j:plain:w400
民家の感じが暗峠を彷彿させますが、斜度は全然緩いです。


徐々に住宅が消えていき森に。
f:id:peasandcarrots:20210605013418j:plain:w400


完全に森になりました。
f:id:peasandcarrots:20210605013639j:plain:w400
結構いい雰囲気です。
お喋りしながら、ヒルクライムを楽しみます。





すると




激坂登場。



一旦お喋りを中断し、坂に専念します。f:id:peasandcarrots:20210605013914j:plain:w400


20%手前ぐらいあるんじゃないか?という具合です。

しかし、そんなに長くは無い為問題なくクリア!

エエ感じの所に出ました。
f:id:peasandcarrots:20210605014138j:plain:w400


すると、不法投棄予防の自動センサーアナウンスが山奥で鳴り響き、少し身体がブルッとなりました。

その後、特にドラマティックな展開も起きず登頂。



下ります。
f:id:peasandcarrots:20210605030854j:plain:w400





めっちゃ長い下りが続き、疲れてきたので途中でダムへピットイン。
f:id:peasandcarrots:20210605144948j:plain:w400



撮ります。
f:id:peasandcarrots:20210605145024j:plain:w400
f:id:peasandcarrots:20210605145048j:plain:w400
f:id:peasandcarrots:20210605145054j:plain:w400
ここで、残りの明太フランスを食べます。
明太子をフランスパンの中に入れるとか、最初に思い付いた人は天才ですね。

気になって調べたところ、福岡市にあるパン屋「Full Full」の3代目主人である古田真幸氏が考案したそうです。
つまり、

古田真幸氏は天才です。


パンを食べ終わると、下りの続きを再開。
f:id:peasandcarrots:20210605145342j:plain:w400


晴天で気分爽快です。


登ってくるサイクリストさんが結構いて、こっちの方がメジャーなのかな?と思いました。



下りが終わり、奈良の市街地を走ります。


空が綺麗だ。
f:id:peasandcarrots:20210606062401j:plain:w400
寺っぽい建物を発見。
f:id:peasandcarrots:20210606062509j:plain:w400


ボトルが空になったのでコンビニで最後の休憩を挟みます。
ローソン大和郡山小泉店です。

僕がタマゴサンドとフランスあんパンみたいなのを食べる中、どや顔でサラダチキンを頬張るたかお氏を激写。

それ、意識高い系の人が食べるヤツやで!

f:id:peasandcarrots:20210606052954j:plain:w400
次の峠へ向かいます。

法隆寺ヒルクライム

ローソンを出て、ローカルな道を行きます。
f:id:peasandcarrots:20210606063045j:plain:w400


すると直ぐに、次の峠に到着。

法隆寺です。

HOW TO 法隆寺
奈良の有名な法隆寺の裏手(北側)にある峠。
距離 2km
獲得標高 204m
平均勾配 8%
最大勾配 16%
↓下記参照↓
法隆寺(奈良県):自転車のヒルクライム情報とルート | RoadQuest(ロードクエスト)

距離も短く、平均勾配も全然許容範囲内なので、軽い気持ちで登っていきます。


が!!!!


気が付くと激坂に!!!!


ここでこの斜度出てくるとは想定して無かったよ!!!!
f:id:peasandcarrots:20210606064904j:plain:w400


すると後輪がスリップ!!!!

落車は免れましたが、本日三度目ぐらいの後輪スリップです。
対して、本日一度もスリップしていない、たかお君。


「たかお君一回もタイヤスリップしてないよなぁ?!俺のこのタイヤが滑りやすいんかなぁ?!」

と問うてみた所、


「トラクションのかけ方と、路面をめっっっちゃ見ることですね。」

と答える、たかお君。


めちゃかっこエエ事言うやんけ…


なんか、悔しかったので、僕はクイズを出してみることにしました。



「サイコンのルートのゴールを十三峠を下ったスーパー万代に設定してるんやけど、ここから後何キロやと思う??」



(正解は意外と近い16.2km。さて、彼はなんと答えるのか…)

.

たかお君
「当てに行きますよ?ん~」






「16kmですね。」




Unbelievable


完敗です。
誤差200mはエグくない?



動揺を隠せない僕に


「誰でも得意な事はあるって事ですよ…」

と、諭すたかお君でした。


エスパーなんかと思ったよ!!!!



その後、登頂!!!!




この法隆寺のスペックに疑念を抱き、Stravaのセグメントを確認したところ…

法隆寺カントリー池~白石畑
距離 1.42km
標高 175m
平均勾配 12.3%

という事がわかりました。納得の数字です。

最初の600mがめちゃ緩いが故の平均勾配8%でした。
f:id:peasandcarrots:20210606182750j:plain:w400
先日登った暗峠(奈良側)と同じ、Sクラスぐらいあるんじゃないか?と言うのが正直な感想です。。

平群の方面へ下ります。

こちら側は「竜田川」というヒルクライムコース
らしく、エエ感じの森です。
f:id:peasandcarrots:20210606073210j:plain:w400


チラチラと良い景色が見え、撮影を試みますが、なかなか良いショットが得られませんでした。
f:id:peasandcarrots:20210606073437j:plain:w400


ちょうど良いポイントで撮ります。
f:id:peasandcarrots:20210606073342j:plain:w400


平群まで下ると、後は信貴山を登るだけ!!!!


ラスト峠です!!!!


信貴山、帰宅。

マニアックな入射角で信貴山へ入り、やんわり迷いながら十三峠を目指します。

f:id:peasandcarrots:20210606104002j:plain:w400

始めて通る道に、「本当にここは信貴山なのか?!」と戸惑いましたが、急にフラワーロードへ出ました。

まだまだ信貴山は奥が深いです。

後は、裏十三峠を登り、そして帰宅!!!!


本日の記録
f:id:peasandcarrots:20210606105225j:plain:w400

充実の朝ライドでした。
目的地の鉢伏峠は今まで登ってきた峠と少しちがって楽しかったです!
そして、法隆寺のパンチ力にはビックリでした。
こんな近くにあんな強ぇ奴がいるなんて……今回下った「竜田川」もかなりいい雰囲気だったので、必ず登ってみようと思いました!


山最高!!!!



最後まで読んで頂きありがとうございました!



↓ポチっと押して貰えると喜びます↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村