マメとニンジン

ロードバイクと僕

アタック!ザ!蔵王峠!

先日コルナゴ兄さんから

「久しぶりに一緒に走らんか?!」

と連絡が!

コルナゴ兄さん登場回↓

https://peasandcarrots.hatenablog.com/entry/2020/04/08/083859


嫁交渉の結果、昼過ぎまでの時間をゲットした僕は、コルナゴ兄さんへ連絡し、「どこへ行こうか会議」を開催。

「どっか行きたいところあります??」
コルナゴ兄さんに問うと……




「十三峠は無しのいいところない??
やったら清滝か葡萄になるか( ゚ー゚)」

との返答が!




よっぽど

「僕=十三峠」

のイメージがあるのか?!
十三峠への拒否反応がダイレクトに伝わってきます。



そして、

滝畑ダムの先に蔵王峠って所あって、行ってみたいな思てるんすけどどうすか??」

と、返答。


「そこへ行こう!」



と行き先が決定しました!




しか~し!!!!!

予定していた日が急に仕事になってしまい、コルナゴ兄さんに「すいません。仕事になってしまったので行けません…」と報告………「次いつ行けますか??」と予定を擦り合わせている中…



仕事がやっぱり休みに!


ドナイヤネン



結局当初の予定通り、作戦を遂行することになりました。


コルナゴ兄さん……ホントにお騒がせして
申し訳ありませんでした。



いざ!蔵王峠へ!突撃!

f:id:peasandcarrots:20210201124052j:plain:w400

出発の朝

午前5時20分起床。
準備を済ませ、ギリッギリに家を出ます。
ホント冬の装備は大変ですわ…
早く夏になって欲しいです。


6時過ぎコルナゴ兄さんと合流!
久しぶりのコルナゴ兄さんです。

コルナゴ兄さん。
自転車に乗るのは実に4ヶ月ぶりだそうです。

大丈夫か?!


ボトルだけ補給し、迅速に蔵王峠へ向かいます。

早朝の石川沿い

まだ町は真っ暗。
ゴニョゴニョと住宅街を走り、時に無駄なルートも挟みつつ、なんとか石川沿いへ出ました。
f:id:peasandcarrots:20210201161406j:plain:w400


真っ暗な石川沿いを走って行きます。
f:id:peasandcarrots:20210202100337j:plain:w400


夜が明けました。
f:id:peasandcarrots:20210202100514j:plain:w400
夜が明けた瞬間ってホント物凄いスピードで明るくなっていきますよね。


サイクリスト一同御用達の「セブン-イレブン 富田林瀧谷不動店」へ到着。


暫し、談笑休憩。
僕は朝から何も食べていなかったので、チャーハンおむすびと、唐揚げ棒を補給。

レンジで暖めて貰ったチャーハンおむすびは、

王将かな?
というぐらいに美味しくて、目を閉じ、胸をなで下ろすのでした。



因みに、コルナゴ兄さんに「朝食べて来たんすか?」と問うた所

「朝から米1合食べて来たで!ヒルクライムはしっかり食べとかなな!」
と言っておりました。



いや、食べ過ぎじゃない?


コンビニ休憩を終え、出発します。


コルナゴ兄さんは僕のブログを読んでくれているらしく、バロックギアの話題になり、少しだけ自転車を交換してみる事に!

バロックギアの記事↓

https://peasandcarrots.hatenablog.com/entry/2020/12/05/060629


バロックギアを体感した兄さんは

「ナニコレ?!めっちゃ回るやんー!!!!!」

と初めての楕円形チェーンリングに大興奮。


兄さんのチェーンリングは50/34なので、スギノスーパーヒルクライムが装着可能!

「スーパーヒルクライム付けましょう!!!!」

と、ゴリ押ししておきました。

滝畑ダムへ!

だんだん近付く滝畑ダム
f:id:peasandcarrots:20210202122432j:plain:w400

滝畑ダムへの最後の登りです。
f:id:peasandcarrots:20210202122559j:plain:w400

f:id:peasandcarrots:20210202122603j:plain:w400

ここの道好きなんですわぁ。

f:id:peasandcarrots:20210202122900j:plain:w400


トンネルを抜けると、滝畑ダムです!


ゲートは開いていましたが、「帰りに寄りましょう!」という事でそのまま直進します。


滝畑ダムの横の道気持ちエエぇぇ~!!!!!
f:id:peasandcarrots:20210202123010j:plain:w400
f:id:peasandcarrots:20210202123015j:plain:w400

GoProでダムを撮ってやろうと思い、イジイジしていると、マウントがくるりと回転しガタガタになってしまったので、公衆トイレゾーンへ入ります。

マウントをセットし直し、ついでにトイレも済ませます。
f:id:peasandcarrots:20210202123253j:plain:w400

階段を登り、滝畑ダムをパシャリ!
f:id:peasandcarrots:20210202123338j:plain:w400

凄く素敵な場所来たみたいに見えるやん?

滝畑ダムが素敵じゃないと言っている訳では無い。


写真を撮り終え帰ってくると、ニコチンを注入するコルナゴ兄さん。
f:id:peasandcarrots:20210202123744j:plain:w400

小休憩を終え、いざ!蔵王峠へ!

蔵王峠!

滝畑ダム沿いの道を南へ走っていくと蔵王峠です。

何処からがスタートなのかは、ちょっとわかりませんが気がつけば周りは森に。
f:id:peasandcarrots:20210202124327j:plain:w400


アドベンチャー感溢れる坂道を登って行きます。
f:id:peasandcarrots:20210202160711j:plain:w400

すると、激坂ドーナツコンクリートが!!!!!
f:id:peasandcarrots:20210202160816j:plain:w400

だがしかし!!!!!

想定内!!!!!

これぐらいの激坂があることは想定していたのですよ。

激坂区間の距離は短か目なので、勢いでクリア!!!!!
ここのカーブまで来ると、かなり緩くなりました。
f:id:peasandcarrots:20210202161134j:plain:w400


「とりあえず、一旦斜度落ち着きましたね!」


そう、コルナゴ兄さんに伝えようと後ろを振り返ると……




コルナゴ兄さんヤられかけてる!!!!!

4ヶ月ぶりのライドで来るには険しすぎたか?!



ペースを落とし、コルナゴ兄さんと合流。
先へ進んで行きます!
f:id:peasandcarrots:20210203075939j:plain:w400
アドベンチャー感が凄い。最高だ。

噂の石畳ゾーンが出現。
f:id:peasandcarrots:20210203100338j:plain:w400
左はコンクリの道なので、キープレフトで走っていきます。

「右危ないっすよー!」

と、叫び、後ろを振り返ると…

ガッツリ石畳を走る兄さん。

ワイルドです。




最終的にはコンクリ道も石畳に吸収されました。
f:id:peasandcarrots:20210203100604j:plain:w400

暫くの間、石畳が織り成すバイブレーションを全身で受け止めながら突破。


そして、道は下り坂に。
f:id:peasandcarrots:20210203101157j:plain:w400

橋が出現。
f:id:peasandcarrots:20210203101426j:plain:w400

この橋を越えるとより一層森が深くなった感じがします。
f:id:peasandcarrots:20210203122204j:plain:w400

f:id:peasandcarrots:20210203122259j:plain:w400

そして、積雪が残っているゾーンへ突入。
道には積もって無かったので、気を付けながら進んでいくと…

右側の土の壁に流れる湧水が凍り、氷柱が出来ています!

な、なんて幻想的なんだ。

見とれていると、前輪がスリップ!

慌ててバランスを取り直します!

落車は免れました。



その後も2.3度氷柱が出現!

この度に、見とれて前輪がスリップ!


僕はアホなのか?



「くそぅ…氷柱の写真は帰りにゲットしてやるぅ!」

と氷柱を鑑賞するのは諦め、進みます。


そうこうしていると、激坂ドーナツコンクリートゾーンが!
f:id:peasandcarrots:20210203123028j:plain:w400
小さい滝が!
f:id:peasandcarrots:20210203123116j:plain:w400


そのすぐ先!地面が湧水で濡れ、黒くなっています!
f:id:peasandcarrots:20210203123158j:plain:w400


これは滑るな


そう悟った僕はいつでもクリートを外す準備(心の)をし突撃!!!!!


案の定後輪がスリップ!


間一髪足を付き、コルナゴ兄さんに

「ここヤバいっすよー!」

と伝えます。


そして、路面を確認すると…
f:id:peasandcarrots:20210203123924j:plain:w400


凍結

想定外!


クリートがまるで、スケートのシューズかのように滑り、自転車の前輪も滑って斜めに倒れていきます。


ここまでなのか?!

引き返そうか?



そんなネガティブ思考が頭に浮かび、

「どうします?引き返します?」

と、コルナゴ兄さんに聞いてみます。



しかし!
「引き返そう!」とは言わないコルナゴ兄さん。




そうだ!
僕は何を言っているんだ!
せっかく、ここまで来たんだ!
ここで引き返すのは、しょうもなすぎる!
凍ってる所は押して行けばいい!
行けるところまで行こう!


登ります!


その後も何度か凍結ゾーンが出現……


その度に歩きます。
もはや登山です。
f:id:peasandcarrots:20210204075119j:plain:w400


そして遂に…


登頂成功!!!!!

f:id:peasandcarrots:20210203161456j:plain
やったよぉ!!!!!

暫し休憩タイムです。

少し下った所にあった、良い感じの鳥居とパシャり。
f:id:peasandcarrots:20210204075354j:plain:w400


蔵王峠!下る!

この時午前9時。
今後の動向を話し合います。
僕が考えてきたプランは…


プランA
蔵王峠まで行き、そのまま来た道を引き返し帰宅。


プランB
蔵王峠まで行き、滝畑ダムまで引き返し、岩湧山を越え、後は来た道を引き返し帰宅。


プランC
蔵王峠を和歌山側に下り、良さげなパン屋さんで朝ご飯をキメ、再び蔵王峠を登り、来た道を引き返し帰宅。

主に「コルナゴ兄さんの闘志」そして、その他諸々を考慮した結果。


プランCに決定。

さぁ行きましょう!
和歌山側へ下ります!
f:id:peasandcarrots:20210204122719j:plain:w400
大阪側に比べて、ずいぶん道が良いです。


下るコルナゴ兄さん。
f:id:peasandcarrots:20210204122703j:plain:w400

森が開けました!絶景です!
f:id:peasandcarrots:20210204123005j:plain:w400

結構下った気がするのですが、まだまだ町は下の方です。

帰りダイジョウブかな?

これを登って帰る事を思い出し、一抹の不安がよぎります。
しかし、ここまで下ったのでもう、なにも考えず下ります。



すると、また絶景が!
f:id:peasandcarrots:20210204123317j:plain:w400
凄い九十九折!



カエリダイジョウブカナ?



そして、長~い蔵王峠(和歌山側)を下りきり、お目当てのパン屋さんへ!

ベーカリーショップオータニ

お目当てのパン屋さんに到着。

ベーカリーショップオータニさんです。

f:id:peasandcarrots:20210204123837j:plain:w400

昔ながらのパン屋さんです。
自転車をとめ、店内へ入ります。
コルナゴ兄さんは、「ちょっと!トイレ行ってくる!」と、デイリーヤマザキへ駆けて行きました。


色んなパンがあります。
f:id:peasandcarrots:20210204124224j:plain:w400
f:id:peasandcarrots:20210204124228j:plain:w400
f:id:peasandcarrots:20210204124239j:plain:w400

「どれにしようかな~?」

とパンを眺めていると、

「自転車。何処から来られたんですか~??」

と、外に停めてある自転車を指差して、店主さんらしき奥様が僕に問います。
f:id:peasandcarrots:20210204234259j:plain:w400

「大阪の○○って所知ってます??そこから来ました!」
と答える僕。



奥様
「え~?!何処の道で来たんですかぁ??」




「そこの蔵王峠って所を越えてきました!」




奥様

蔵王峠( ゚□゚)?!」



蔵王峠を越えて来たという事実に

(゜ロ゜)

↑リアルにこんな顔をする奥様を見て、僕は改めてこう思いました。


サイクリストと非サイクリストの感覚は相当違うという事。
そして、知らぬ間にどっぷりサイクリスト側にきてしまったという事。



しかし、こういう反応を見るのが堪らなく嬉しいんです…

自転車は最高だ。




パンを選びます。

エビフライサンド
あんパン
チョココロネ
コッペパン

をチョイスしました。
f:id:peasandcarrots:20210204234148j:plain:w400


外にベンチがあったのでそこで食べていいか聞いてみたところ、

「いいけど寒くない???ここで良かったら中で食べて!!イスこんなんやけど?!もう一個持ってくるね!!!!!」

そう言い、机にスペースを作ってくれ、イスを持ってきてくれました。
f:id:peasandcarrots:20210204234748j:plain:w400

なんてハートフルなんだ。

お言葉に甘え、特等席に座ると……


「コーヒー淹れようか?!インスタントやけど、ちょっと待ってね!」

と、奥様。


ハートフルすぎるやろ。

お言葉に甘え、コーヒーを頂く事に。
そして、パンを食べます。

うんまっ。

↓タマゴサンドを食べる僕。
f:id:peasandcarrots:20210205003258j:plain:w400
そして、コーヒーが到着。
f:id:peasandcarrots:20210204235332j:plain:w400

コーヒーウンマぁ!!!!!

なんだろぅ。
最近の良くあるパン屋さんでは味わえない味がそこにありました。


ベーカリーショップオータニさん、最高だ。

家の近所に欲しいパン屋さん第一位やわ……


僕らがパンを食べている間に、「近所の常連おじさん」、「近所の常連若奥様」の2名がご来店したのですが、2名とも揃って


「お前ら何処で食っとんねん」

という、顔をしていました。



コルナゴ兄さんとパンを食べながら話し合います。
オータニ奥様の情報も便りに話し合った結果…

蔵王峠の下り×凍結はマジで危険だ」
という、結論に至り、別ルートで帰ることになりました。


オータニさん。
本当にありがとうございました。
僕はお腹も心もポッかポカです。


店を出ます。

河内長野へ!

Googleマップのナビを起動し、確認しながら進んで行きます。


早くも山へ入って行きます。
f:id:peasandcarrots:20210205001136j:plain:w400


小刻みに続くアップダウン。。


これが意外とキツくて10%を越える箇所もチラホラ…


一体、何回アップダウンするんや?!

一向に止む気配が無いアップダウンに苦しそうなコルナゴ兄さん。
4ヶ月ぶりのライド、しかも蔵王峠からのこのアップダウンじゃ無理ありません…


そんな兄さんに
「スーパーヒルクライム付けましょう!!!!!」
と連呼する僕。



僕はなんなんだ。
スギノエンジニアリングの回し者なのか?





そして、やっと大通りに出ました。

帰ってきてから気が付いたのですが……

めちゃめちゃ無駄なアップダウンしてたやん

f:id:peasandcarrots:20210524122100j:plain

この、矢印のルートで行けば、めちゃめちゃ平和な時間を過ごせていた自信があります。


しかし、過ぎたことは仕方ねぇ!
この時使った時間!
そして、筋肉は間違いなく僕の身になっているハズだ!


コルナゴ兄さん。変なルート入っちゃって本当にごめんなさい。


アップダウンで体力を消耗したので、補給食に取っておいたコッペパンを食べます。



めちゃくちゃうまいやんかぁ!!!!!


その後、細々色々ありましたが、なんとか大阪へイン!


石川沿いまで帰ってきました。

ラスト

もう、あとは川沿い平坦です。
なにも考えずただペダルを回します。
コルナゴ兄さんも、もうずいぶん消耗している様子で、「情けないわぁ…」と言っております。


再び、サイクリスト一同御用達の「セブン-イレブン 富田林瀧谷不動店」で最後の小休憩を挟み、さぁラスト!



先頭はコルナゴ兄さん!
二人やけど!


空がキレイだ。
f:id:peasandcarrots:20210205004036j:plain:w400


サイクル橋まで来た!
f:id:peasandcarrots:20210205004045j:plain:w400

気持ちが良い!
f:id:peasandcarrots:20210205004049j:plain:w400



こうして無事、帰宅したのでした。
コルナゴ兄さんありがとうございました。




本日の記録。
f:id:peasandcarrots:20210524074758j:plain:w400

半日でこんなにも色んなドラマが生まれる自転車ってホント凄い!

自転車を始めてから、一年を思い返すと濃厚に感じる様になりました。





もう1つ最後に言いたいことがあります。





氷柱の写真撮りたかったぁっ!!!!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
貴方の忍耐力に感謝いたします。




↓ポチっと押して貰えると喜びます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村